So-net無料ブログ作成
観劇感想(宝塚) ブログトップ
前の10件 | -

宝塚雪組「ONCE UPON A TIME IN AMERICA」東京 [観劇感想(宝塚)]

宝塚雪組「ONCE UPON A TIME IN AMERICA」東京
2020年2月24日(月祝)13時30分

東京でも見ることができました。
やっぱり素晴らしい!この世界観、好き。哀愁背負ったかっこいい男たちが語る物語の深さに惚れ惚れする。大劇場で見た後に原作映画も見た。長かった。私には宝塚版のほうが分かりやすい。マックスの描き方が全然違うことに衝撃を受けたけど、あとは宝塚のほうが好きだわ。小池先生の潤色は私の趣味に合う。

望海さんのスーツ姿は絶品で、宝塚史上指折りのマフィアスーツが似合う男役だと思う。歌声も指折りの絶品!CD全部そろえたい。真彩さんの歌もまた絶品。セリフ声も良いし、私は真彩さんの芝居が合うのか、とても心理が伝わってくるので共感できる。
彩風さんもスーツが似合う超絶スタイルで、やっぱりカッコいいし、朝美さんは歌声に哀愁があり気だるい美女に似合いすぎて、こういう娘役トップがいればいいのに、とまで思う。娘役がトップスターになるなら、この人しかいないと思える。あんなかっこいい男役さんなのにごめんなさい。でも今回の役をみて、そう思った。
彩凪さんの眉間の皺もまた必見。真那さんのコックアイが片目なのにも気づき(遅い)、パッツィの能天気な男らしい笑顔に惚れる。橘さん→奏乃さんのファット・モーの、生涯を通した「いい人」オーラはこの哀れな男たちの「救い」ですね。
フィナーレもかっこよかった。空手の稽古みたいな場面もあるけど、全体にダンディで素敵。やっぱりこの作品好き。雪組万歳って気分です。

20200224雪東京.jpg

今更ですが、ネタばれ満載です。

続きを読む


nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:演劇

宝塚歌劇星組「眩耀の谷/Ray」 [観劇感想(宝塚)]

宝塚歌劇星組「眩耀の谷/Ray」
2020年2月21日(金)13時 1階16列下手

星組トップコンビのお披露目公演を見てきました。組の雰囲気、特にお芝居のほうは一変した印象。これ星組?って気分。やはりトップコンビで全体のイメージが変わりますね。

謝先生はお芝居だけどダンス場面が多くて、これは一度は2階から見たい作品。
お芝居としては突っ込みどころが結構あって、でも1幕ならまあ脳内補完で何とかなる。
劇中にかなりたくさんある群舞シーンがとても綺麗だった。
ショーは、映像が凄いというか、なんかスクリーンセイバー?という懐かしい既視感でしたが、その不思議な雰囲気にあったショーでそれは良かった。こちらも中村B作品らしく踊りまくり。若いトップコンビだからですねー

礼さんは歌声が耳に残り、舞空さんはダンスが印象的。瀬央さんが歌良くなってて、美しさに磨きがかかった感じ。愛月さんは声が惜しいけど、スタイルいいねえ。わからない人も多い星組ですが、綺城さんはすぐに分かった。端正なたたずまいと硬質な声が素晴らしい。雰囲気が一変した星組に似合ってる印象。いい芝居をする人だから、良かったわ。
とこんな感じでした。

ネタバレありますから!!ネタバレに触れないと何も書けないのです。ご注意ください。


202002星眩耀の谷.jpg

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

宝塚月組DC「出島小宇宙戦争」初日 [観劇感想(宝塚)]

宝塚月組DC「出島小宇宙戦争」
2020年2月8日(土)15時 初日 ドラマシティ20列上手

谷貴矢先生の作品は、幻想異世界で衣装が独特で、ストーリーは宝塚にしてはぶっとんでるけど破綻していなくて、役者の持ち味を生かした宛書で、好きだ。3作見てファンになった。リリカル異世界SFで私大好きなジャンル。

今回も、主演の鳳月さんのかっこいいこと!ヒロイン海乃さんが魅力的、親友&謎役の暁さん、妖しい黒幕風の風間さん。豪快な光月組長。それぞれの良さが全開になっていて、みんないつもより3割増しに素敵に見える。可愛いうさぎガールズと、アンドロイド風味のメイド嬢。装置衣装照明のすべてが異世界ゲーム風でとても素敵。装置と照明がまたいい味出してるし、音楽は耳に残る曲で印象的。月というモチーフをちりばめまくり、素晴らしい作品になっていました。若い谷先生の作品は、宛書なので再演は考えられない。そこがいい。月組ファンなら楽しめる仕掛けもいっぱいで宝塚ファンなら倍楽しめます♪


なお今回は鳳月さんがカーテンコールで「控えめに宣伝を」とおっしゃっていたので、ネタバレになることは書いてません(つもり)。不思議世界の謎解きをお楽しみください!ってことで、曖昧な感想になってます。

202002月出島.jpg

続きを読む


nice!(4)  コメント(3) 
共通テーマ:演劇

宝塚雪組「ONCE UPON A TIME IN AMERICA」新人公演 [観劇感想(宝塚)]

宝塚雪組「ONCE UPON A TIME IN AMERICA」新人公演
2020年1月21日(火)18:00 1階10列下手

雪組の新人公演も見ることができました。
あの長大な作品を1幕ものにどうやって?と思ったら、子供時代がほぼカット。あとはまあショー部分がカットされた感じでしたが、青年期壮年期はちゃんとありました。結構大胆なカットでした。
今回なにより印象に残るのが、主演の諏訪さん。すごく上手くてかっこよくて、あの望海さん仕様の難曲を手堅く歌いこなし、あの大人の男・望海風斗の役を不足なく「大人の男ヌードルス」を見せてくれ、感動しました。前回の「壬生義士伝」のジロエから「この人上手い」と思っていましたが、満を期しての主演!という感じで、とても似合う役で主演をされたと思います。いやそう思わせたほどの実力でした。
もう一人、ジミー役の彩海せらさん。芝居も歌も上手い。ジミーがどういう人物なのか、よくわかる。そしてカッコいい!本公演ではあんなに可愛いダニエルなのに、大人ジミーはとってもイケメン。
この二人はとても上手くて、新人公演とは思えなかったです。

202001雪新人公演.jpg


続きを読む


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

宝塚雪組「ONCE UPON A TIME IN AMERICA」 [観劇感想(宝塚)]

宝塚雪組「ONCE UPON A TIME IN AMERICA」
2020年1月11日(土)11時 1階1列サブセンター

雪組公演、すごく良かった。かっこいい!!の一言。
望海さんのここまでかっこいい場面を見せてもらったらもう悔いなし。いえ何度も通わないと悔いが残る(どっちや)。1幕ラストは、これぞ男役集大成という雰囲気。
2幕は孤独と哀愁と時間を背負った背中が素晴らしい。相手を務める奏乃さんとの会話がイイ。そして彩風さんとのラストシーン。言葉に出さない台詞が多すぎて、頭の中あと2時間くらい上演時間が必要。こういう「行間のつまった作品」は久しぶり。役者の演技力が素晴らしいのも大きいけど、余韻が残る大人の作品が味わえたのが嬉しい。
良質の映画そのままを生かした舞台ですね。久々にプログラム買ったくらい、凝ってた。

202001雪昔アメリカ正.jpg

続きを読む


nice!(3)  コメント(4) 
共通テーマ:演劇

宝塚花組「マスカレード・ホテル」初日 [観劇感想(宝塚)]

宝塚花組「マスカレード・ホテル」
2020年1月5日(日)15時 初日 13列

花組ドラマシティ初日を見ることができました。
東野圭吾原作、まだ読んでない。映画見てない。のでまっさらで行きましたが、面白かった!ミステリーだけど、謎解きがメインではなく、イケメン刑事とお堅いホテルウーマンとのテンポ良いけんか腰の会話の楽しさ、相棒の弟的刑事とのコミカルなやり取り、人間模様なお客様との対応、なんかがとても見ごたえがありました。

瀬戸さんはスーツが似合ってかっこいい!!朝月さん上手い。ほんと彼女のホテルマンらしい生真面目な硬さが必須だから、これがないと成り立たない。飛龍さんの芝居の間の良さ。笑いのほとんどは彼が持って行った。素晴らしく上手いわ。柴犬みたいに可愛い。
音さんはさすがの歌と芝居。唸るほど上手い。今回は組長がいいお芝居されてた。汝鳥さんの包容力も効果的。ホテルマンチームのキビキビ動く様子がとっても素敵でした。

202001花マスカレード.jpg

当然ですが、ネタバレ満載なので、ご注意ください。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

宝塚星組「ロックオペラ モーツァルト」大阪初日 [観劇感想(宝塚)]

宝塚星組「ロックオペラ モーツァルト」
2019年11月20日(水)15時 大阪初日 梅田芸術劇場 1階19列センター

星組のモーツァルト、初日見ることができました。
歌が凄いの!これは歌を聞かせる演目。ストーリー自体に新しい視点とかはない。
たんたんとモーツァルトの一生をなぞっているだけ。素晴らしいのは歌と衣装。
曲調は「ああアチアさん」という感じで、「1789」や「カサノヴァ」を思い出す。
綺麗な曲で、ロック調が耳に残るし心地よい旋律。それをきちんと聞かせる歌い方で歌える歌手が出演していることが大条件の、演目。
ということで、礼真琴さんの歌唱力がなければ成立しない舞台のように感じた。周りも、悠真さんやら重要な役どころには歌の上手い方を配置していたし。あと、ほぼ初ヒロインの舞空さん。堂々と可愛くて芝居もできて、歌も歌えて、素晴らしいダンス。1幕ラストのダンスには感動した。
新しい星組の幸先の良いスタートですね!

201911星ろくも.jpg



続きを読む


nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:演劇

宝塚花組「A Fairy Tale -青い薔薇の精-/シャルム!」東京 [観劇感想(宝塚)]

宝塚花組「A Fairy Tale -青い薔薇の精-/シャルム!」東京
2019年11月2日(土)11時 2階13列センター

観劇日が前後してますが。
久しぶりに花組の青薔薇。東京で見るときはいつも、懐かしい気分になる。タイムスリップしたような気分。何か月も前に見たのに、また生の舞台を見れるという不思議。
青薔薇はやっぱりいいね。いろいろ謎もあるけど。ショーはとっても好き。衣装も装置も照明も好みの演出。今回は念願の2階から見たので、フォーメーションや照明が美しいのが良く分かった。特にお芝居のほう。装置も上から見るとまた一味違う良さがある。
SS席好きだけど、2階から見るのも大好き。1つの公演を両方の席で見たい。
2階が確実なのはB席だけど、一部見切れるので、やはり2階1列センターが憧れ(笑)
銀橋前のかぶりつきSS席も大好きだけど、2階から見る全景もすごく好きなのだ。

201912花東京.jpg

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

宝塚雪組「はばたけ、黄金の翼よ/Music Revolution!」梅田 [観劇感想(宝塚)]

宝塚雪組「はばたけ、黄金の翼よ/Music Revolution!」
2019年11月8日(金)梅田芸術劇場 1階22列センター


雪組2分割中だと思えないほどスターが豊富(ドラマシティでも思った。私は雪組ファンだから贔屓目入ってると思うけど)。ホールの音響が良いのかもしれないけど、歌が素晴らしい。トップコンビはもとより、みんなうまくなってないか?という気がした。
「はばたけ」は初めて見たけど、宝塚らしい作品。ヴィットリオは貫禄あって繊細でかっこいいし、クラリーチェは元気で可愛い。ファルコやジュリオも良い役になっていて見ごたえあり、特にジュリオの人物像が、原作より良いわ。ロドミアをはじめ娘役にも役があって嬉しい。まあ作りが古いことは否めないが、そのノスタルジーも楽しんだ。
Music revolutionも久々に見たらよいショー!全国ツアー用のアレンジが随所に見られ、かえってすっきりしてよくなった部分も。気に入らない衣装はそのままだけど。

201911雪黄金の翼.jpg


続きを読む


nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:演劇

宝塚月組「I AM FROM AUSTRIA-故郷は甘き調べ-」新人公演 [観劇感想(宝塚)]

『I AM FROM AUSTRIA-故郷は甘き調べ-』新人公演
2019年10月22日(火祝)18:30 2階6列センター

今頃ですが。
新人公演を見ました。本公演1回しか見てないので、どこが違うかとか(1本もだからかなり端折っているはず)明確に理解できてないけど、特にストーリー上の不自然な部分は感じなかった。30分端折っても平気なぐらい、もともとストーリーが単純なんだな(笑)

役者では、エルヴィーが圧巻。上手かった、一人だけ専科から特別ゲスト?というくらい。
歌は上手いし、芝居の間が良いから煩くない。迫力のある年増美人じゃないか!
エマは歌で抜擢されたのか!?と思ったくらい歌が良かった。アイドル女優ではなく、実力派の大人っぽい女優に見えた。
逆にジョージはちょっと頼りなさが勝った印象。お芝居も歌もあまり印象に残らず。エマとエルヴィーが強烈だったから、私の記憶の中では割を食ってしまったみたい(ごめんね)。
あとはジョージのご両親。背が高くて素敵なパパと美人のママ。
リチャードがコミカル寄りのお芝居で、フェリックスが可愛い。パブロはよりネタキャラへ。
そんな感じで、ストーリーを含む演出というより、役者が変わったのでかなり印象が違いました。


201910月新人.jpg

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇
前の10件 | - 観劇感想(宝塚) ブログトップ