So-net無料ブログ作成

OSK角座「LAST PARADISE」天輝レオ [観劇感想(OSK)]

OSK角座「LAST PARADISE」天輝レオ
2019年9月3日(火)17時 千秋楽


天輝さんの角座公演、最後の最後にやっと見れました。
見逃さずに済んでよかった!もっと観たかった!と思える公演でした。
天輝さんの公演はストーリー性があるものが多い印象だけど、今回も物語。ミュージカルなんですね。芝居の上手い人だから、役に入っているほうが良いのかも。ヒロインの唯城さんも可愛らしくてヒロインらしくて、とても素敵なカップルでした。

201908天輝ラストパラダイス.jpg


【公演名】「LAST PARADISE」
【作・演出・音楽】小渕世子
【振付】碧海りお
【出演者】天輝レオ・唯城ありす・涼乃あゆ・水葉紗衣・せいら純翔


南の島にやってきたドイツ貴族のプロデューサーと、島の元王族の娘の恋物語。彼らの仲間3人と5人だけのミュージカルですが、ちゃんと起承転結があって、楽しめる。さすが小渕先生です。
ちょっとべたな昭和の少女漫画風味はあったけど、それで育った私にはドンピシャ(笑)
展開はすぐに読めますが、そんなのは重要ではない。すれ違いや、お互いの口にできない思い、気持ちと反対の言葉や態度、じれったさ、善意でできたおせっかいな周囲。・・・という胸キュン状態を楽しむのだ。一緒に見た友人が「りぼん」や「なかよし」の世界だね、といった。同感だ。


ヴァルダー(天輝レオ)
ドイツ貴族出身のプロデューサー。人種偏見などないフラットで情熱的な好青年。最初は警戒していた島の子たちも、彼の情熱と人柄に心を開き、慕っていく。という王道主人公。天輝さんは貴族的な雰囲気は薄いけど、貴族ながらアジアの辺境の島(ヨーロッパ貴族から見て!ですよ)へ赴任するような変わり者という、貴族社会の異端という感じはとても出ていました。だから役に説得力あった。絶妙な宛書!って思います。この人は芝居が上手いし、背が高くてかっこいい。アクの強さが魅力ですよね~角座の2つのミュージカルを見たけれど、もう少し長いお芝居を見たくなります。


プトゥリ(唯城ありす)
島の王族の末裔で、現地では意識的に別格扱いをされている方、世が世ならお姫様。今は島のミュージカルスター女優。だけど過去いろいろあり、白人とくにセレブが嫌い。その彼女がヴァルダーに惹かれるまでの様子がとても丹念に描いてあり、胸キュンです。少女漫画の王道!ヒロインです。唯城さんはお姫様感がある方なので、他と同じ衣装でもノーブルな雰囲気を感じられる。可愛いお顔(宝塚星組次期トップ娘役の舞空瞳さんとよく似てるわ~)とドレスの似合い方といいヒロインタイプの娘役さん。この演技力と歌声なら、大きな劇場でのヒロインも十分できる。次世代ヒロイン間違なし。角座でいい仕事されました。


ラグ(涼乃あゆ)
ヒロインの親友役で、歌はいいけどダンスが下手という設定。ダンスを指導してくれるというヴァルダーと仲良くなり(特に恋はしてないと思うが)ヒロインの恋心を混乱させる。これも宛書?いやダンスが下手とはわからなかったけど、歌は絶品だ。本当に素晴らしい。お芝居も良かった。
ラストシーンの後、王道少女漫画なら番外編で、ラグとチャンディーの恋物語を書きますね(笑)十分その素地は出ていたと思います。涼乃さんの美声も松竹座クラスの劇場で聴いてみたい。幕開きの「春の~踊りは~♪」聞きたいわ。


チャンディー(せいら純翔)
ヒロインの幼馴染。小さなころに「僕のお嫁さんになってね!」「うん!」とかやってたようだ(笑)。現在も仲が良いものの、プトゥリはもうそんな気はなさそう。チャンディーのほうは・・・まだ気があるように見えたけどね。彼女を見ているから、彼女の恋心に気づいて、さらにはヴァルダーがイイやつなので身を引いたというか・・こいつもいい男なんだ~と思わせる役でした。ラストシーンではラグとイイ感じで終わっていたので是非番外編を。
せいらさんは、舞台化粧をする前から「美形」と思ってました。初舞台はうーん・・・でしたが(まだ2年目だけど)お化粧が上達するごとに美しくなりますね。もっともっと美しい男役になれる人だし、背も高いので期待大。下級生美形男役の中でも一番私の期待値が高いお顔なので(好みの顔ともいう)、注目してます。まだ余裕はないけどお芝居も良かったし、抜けた上級生の穴を埋める候補生だと思いますよ~


タリ(水葉紗衣)
2-2カップルの割を受けちゃった人。影が薄かった・・・もっと芝居巧みな上級生なら、支配人とか政府役人とか、ヴァルダー母(姉)とか、主役カップルを妨害する役とかで、少しの出番で印象を付けられたかもしれないのですが、まだ2年生ですもんね。ダンサー仲間というモブ(一人でモブというのもなんですが)という役割で終わり、残念でした。可愛い超絶ヒロインの唯城さんと、超絶歌姫の涼乃さんほどの特徴がないのも、今回は埋もれた印象。美人タイプなのでこれから役幅広げて活躍されることを期待してます。



プログラムがないので役名を覚えきれなかった。唯城さんの公式ブログ記事に全部書いてあって助かったわ~ありがとうございます!唯城さん。

私は小渕先生のショートミュージカル、好きだわ。私の同年配(OSKの客層に多い)なら、「りぼん」「なかよし」の少女漫画に親しんで成長した世代だから、こういうの好きだと思う。2連続で天輝&唯城コンビでの主演でしたので、今度は登堂さんとか正統派ノーブル・タイプを主役にした芝居が観てみたいわ~!異国の王子様がお忍びで、元気な町娘と・・・とか?「アルト・ハイデルベルク」だな(笑)



nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント