So-net無料ブログ作成

宝塚巴里祭2019 [観劇感想(宝塚)]

宝塚巴里祭2019
2019年7月15日(月祝)ホテル阪急インターナショナル紫苑

お誘いいただき、急遽行ってきました。
愛月さんは歌上手くなられたのね!諏訪さん貫禄あって素敵!歌上手い。
縣くんかっこいいけど歌頑張れ!妃華さん、野々花さん可愛い。詩さん美人!
という感想です。食事は美味しかったし、セットも凝っててゴージャスな雰囲気は最高。
やっぱりインターナショナルのDSはイイですね!(高いだけある)

201907巴里祭雪.jpg

宝塚巴里祭2019
ディナー 18:15~19:45/ショー 19:45~20:45
<構成・演出> 中村 一徳   
<出演者>(専科)愛月 ひかる(雪組)妃華 ゆきの、諏訪 さき、野々花 ひまり、縣 千
【コーラス】(月組)詩 ちづる、七城 雅(雪組)琴峰 紗あら、紀城 ゆりや

<場所>ホテル阪急インターナショナル4階「紫苑の間」
<料金>28,500円(税サ込)


ディナーショーは轟さんのDS以来久しぶり。巴里祭はシャンソンがメインで、人数も多いし(しかも雪組)、楽しみ!と出かけました。そう四季の「リトルマーメイド」を見て、西梅田から東梅田に大移動しました。徒歩しか手段ないし20分はかかったな。

4階のロビーに着飾った紳士淑女の皆様。私もちゃんとワンピースで行ったが、暑い。とりあえず、席についてオリジナルカクテルをいただき、涼む。あっとく間に寒くなった。
着席してフランス料理のコースを楽しむ。美味しいわあ。デザートには「エッフェル塔」のチョコが飾ってあって、巴里祭らしさも盛り上がる。

IMG_5013.jpg


おしゃべりしつつ、美味しく堪能していたら、ショーの時間に突入。

基本、愛月さんがメインで歌いまくるショーだけど、轟さんDSよりはほかの人の出番が多かった。人数も、専科の愛月さんと雪組から4名、さらに雪と月の研1さん4人を加え、総勢9名は華やか。テーマもパリなので、ゴージャスな雰囲気が嬉しい。

知っている曲が多いのだが、曲が流れると場面が浮かぶ。雪組は最近パリを舞台にした公演が多かったので、舞台を思い出す。曲の後ろに色々見えてしまう!(笑)
トークの間も、雪組生の会話には「ファントムで・・」「ひかりふるのとき」とか「凱旋門が」という単語が飛び交い、愛月さん以外の方(客席含む)は何を話しているのかよく分かった(と思う)。愛月さんだけが、「なんでみんなこんなにパリに詳しいの??」という感じでした(笑)。雪にはご縁のなかった方だから、ここしばらくの雪組公演がフランス⇔日本という工程だったのをご存じないのでしょう。でもま、面白い組み合わせで、意外に楽しかったので良し。若手専科を増やしても良いね(出演舞台が予測できないのでファンは辛いけど←とか書いてたら、愛月さん星組に異動のお知らせが!)。宙組は「王妃の館」がパリだったそうだけど、愛月さんの役は、あまり華やかにパリの街を闊歩する役ではなかったよう・・私が唯一見てない公演!(悔)

曲で覚えているのは「ファントム」。愛月キャリエールに、諏訪エリック。え、なんかいいね。ただその前のトークで、縣さんが新人公演のキャリエール役への思い入れの話をしていたので、ちょっとそれを聞きたかった気もする。諏訪さんのエリックは凄く上手かった。
しかし本公演でやったばかりの演目の名曲を入れるとは、誰が考えたんだ・・と思った。


時間がたって記憶に残っているとこだけ。

愛月ひかるさん、歌上手くなってるように思った。宙組は1公演1回くらいしか行かないのですが、「天は赤い川の」を見たときには、愛月さんが何を歌っているのか大変聞き取りづらかったのですが、今回は分かる!知ってる曲だからかもしれないけど、わかる。ということで、私の中では愛月さんの歌の満足度が大変上がった。スタイル良くてかっこいいですね。ただ私の記憶よりちょっとお顔が丸くなられているように感じた。

諏訪さきさん。渋い、上手い。「壬生義士伝」の新人公演で初めてしっかりと芝居を見て(ごめん、それまでも見ているはずだが印象に残るほど大役をされてないと思うので許して)感動した方。歌も良かった。今回もしっかりと愛月さんを支えて雪組を背負っていらしたと思う。ほんと、重要な戦力という単語が浮かぶ方。歌、ダンス、雰囲気と、巴里祭を盛げていた存在。頼れる男という感じで、素敵です。

縣千さん。見た目シャープな男役でかっこいい。私の好みとはちょっと違うが、かっこいいことにいは違いない。黒燕尾似合うね~!と浮かれていたら、ソロ曲にガタガタとなる。愛月さんがしっかり歌われていたので、ひとり目立ってしまったように感じる迷子の音程。声がふらつくの。ディナーショーでそれはないでしょ・・・と思う。見た目がかっこいいだけに、勿体ない。歌頑張ってください。


妃華ゆきのさん。髪型にとても工夫されていて、お洒落なパリジェンヌの雰囲気を構成。歌も上手くて可愛い。今回の雪組チームでは一番上級生なのかな?でもあまりお姉さま風ではなく可愛いタイプでした。

野々花ひまりさんも可愛い。ただもっと歌える人と思っていたので、期待が高すぎたか。「義経妖狐」で見た気風のいい北条政子の印象が強くて、普通に可愛い娘役をしているのが勿体なく感じてしまう。濃い男役の愛月さんの相手役もできそうな強いタイプの娘役さんだから、がっつり組んだ場面も見たかったな。こういう機会しかないものね。

あとは研1さん4人、雪から2人と月から2人。記憶にあるのは詩さん。後ろにいるすらり美人が詩ちづるさんだとか。ヒロインタイプの美人さん。歌ソロなかったけど、これからの月組での活躍に期待ですね。


ご飯は美味しかったし、オリジナルカクテルを飲みまくった。このカクテル、出てくるたびに色違うの。濃いめの明るく水色から濃い紫までのグラデーションなんだけど、その配色が違う。同じカクテルとは思えない。アクアマリンからタンザナイト、ブルーサファイアって感じ。飲みやすくて美味しかったけど、配合適当なんだな・・と思った。

IMG_5010.jpg



帰りに、後ろのすみっこの椅子に、中村B先生を発見。どうやら雪組生もご観劇だったようだ(見えなった・・中村先生より雪組生を見たかったと邪念。中村B先生は好きだが、好きなのは作品なのだ)



nice!(2)  コメント(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント